動画紹介にかこつけて~秋月涼のあれこれ

動画紹介というかそれにかこつけた備忘録的に。

さて、本題に入る前にこの間夢子論の話の続きですが、 先日とあるニコマスのテキスト系動画に造詣の深い方と話した際に
「夢子のあれをみんなどうも"タブー"というか避けて通ってる節があるんだけど、 そこに突っ込んだ。しかもまさかのアリサと結びつけてというのが良かった。」
という主旨の言葉を頂きまして、 報われたというか、あんな説明不足の動画でもそこまで読んでくれる人はいるんだなぁと うれしかった次第。

で、今日の紹介動画。

意外となかなか少ないのが、カミングアウト後の涼にスポットを置いたMAD PV。

上記の夢子の話にも繋がりますが、 ニコマスでのDSキャラはその特徴である「おいしい」部分を活かした使われ方が多いわけで仕方ないのですが、 上記の動画は、MMDや歌の加工を上手くを使って 上手く男性アイドル秋月涼にスポットを当てた動画でありましょう。

さて、ここから本題。
めったに動画紹介などしないこのblogで取り上げるからには、 長ったらしい自分語り続きがあろうと言うものです(ぉぃ

いや、実はですね。 カミングアウト後の涼をテーマにした改変PVは、 自分も作ろうかと考えていたんですよ。

理由はDS愛とかそういうのじゃなくて、 いわゆるDSのストーリーの中で個人的に大きな不満を持ったもののひとつが、 カミングアウト後の涼に男性的な専用衣装がなかったこと。

いや、Da服・Vi服はもともと中性的にデザインされてますし、 なによりわざわざ男Ver.のDazzling Worldを用意しているくらいなので専用衣装がない事が単なる無配慮故でないのはわかりますし、 そこでバンナムを責めるつもりもないのですが、 プレイした時の第一印象として物足りなさを感じたのは事実。

じゃあさ、菜緒さんと同じ理屈で、 DSステージの改変、曲は公式曲 ……しかもあえて公式ストーリーから外して、 涼の持ち歌以外の公式曲で作ればいいんじゃね?
……という構想があったわけです。

というか音源の試作まではやったんですけど、 いかんせんDSの音質がねぇ……(汗
あとはまあ純粋に菜緒さんの比ではない手間の問題もあるので、 制作タイミングも見ないとねぇ……というわけで、ネタ倉庫に。

そんなタイミングで出てきたのが上記の動画です。
いや別にMMDであってDSステージというわけでもなく、 より男性的な体型をもたせたモデルとはいえ服もあくまでDa服ですし、 曲もDazzlingなわけで特に「やられた感」的なものはありません。

でも、この動画やこの動画を紹介しているblogとか見ていると まあ、自分がやらなくてもいっか。 という気になってしまいました。

いや、自分がやるよりいろんな意味で素直で健全だなあと。

自分がやる改変PVってのは純粋に制作時間やら身体の問題もありますし、 なにより「執念」とか言われるようじゃまだまだなんですよね。 もちろん、手間やこだわりを認められた結果「執念」といわれるわけなので、 うれしい言葉ではあるのですが、そこには温度差があるのも事実。

「なかなP」ではなく作品内のキャラにスポットを当てるなら、 いろいろバランスとって、 こだわりの押しつけにならないようにスマートにやらなきゃなあと改めて思った次第。

そんなわけで、ちょほいと脱線しましたが、 「ストックしてあるネタはあるけど、どうもどこかしっくり来ないのばかり」 のうちのひとつが解消されましたって話でした。、 しかし、どうしようかね。このノイズだらけな上に聞き比べないとわからない 「涼のALIVE男声Ver.」

コメント

「タブー」は、どちらかと言うと、そこまで至る程に夢子の内面に踏み込もうとする人が少ない、ってのもあるのかなーという気もします・・・。
そもそも、ニコマス界隈においてDS本編やってる人がどれくらいいるのかまだ不透明ですし。9割に達してないのは確かでしょうけど。
(なお、ドラマCD発売の際にDSの主力スタッフさんがある程度Twitter上でですが見解を出してたりしたみたいです)

ちなみに、僕はかなり前に夢子メインの長編シリーズノベマスの製作案を立てた事があって、その際は「贖罪」の要素を含ませる予定がありました。
(あと、そのネタを極端に派生させた短編ノベマスに手を付けようとしてるのですが、本当に極端な表現で行おうとしてるのが災いして全く手に付かず)
ぶっちゃけた話、アイマスDSはメイン3人が子供なのもあって「未来が見えてる」終わり方をしますが、夢子はサブキャラだから未来が見えてる必要性は無いんですよねー。だから以前の記事にもあった「夢を断たれた側は夢子が変わった事を直接知る由はない」という状態のまま本編が終わっても問題ない。
・・・ただ、夢子は存在そのものが涼の未来に欠かせないのも事実だと信じてるんですけど。万が一くっつかなかったとしても。
というか涼も「男カミングアウトに納得行かなかったファン」に関しては放置したまま終わりますし(マンガ版では少し補間されてますが)。だからこそ夢子もこういう背負って終わるキャラクターになったのかもしれませんが。いずれにせよ、単純に何らかの形で解決策を模索してみたいですね。


あと「執念」に吹きました。
「合う合わないは仕方ないけど、合わなかったら合わないでいいからDSのストーリーに触れてみて欲しい」
そう思ってはいるものの、気が付いたら「ペンタPのDS愛が」凄いと言われる事のが多いまま早2年。

・・・あ、もしネタが思い付いたら、PVかノベマスかは分かりませんが引き取ってもよろしいでしょうかw>涼ALIVE

湖氷堂@その動画を紹介したブログの人 2012/02/04 01:36:42

>湖氷堂さん

コメントありがとうございます。

夢子のネガな部分のニコマスにおける取り扱いの話については、
個人的には夢子、あるいはDSといった枠に限った話ではなく、
そしてノベマス界隈におけるシリアス系動画や「ネガ描写」の地位
といった所に繋がる話だと思っています。
(例えば多くの人が知る「高槻家の貧乏」を言うテーマを
ネガとしてシリアスに描いた作品は少なくとも「ありふれて」はいません。)
※ある種の例外が春香ですがそこは長くなるので省略

また、夢子についてはそういう部分が
(アイマスDSそのもののいい意味での都合主義的な部分も前提としてありますが)
ニコマスで「こっち側」としての居場所を与えてくれたという要素も
あると思っています。

それをあえて掘り返すというのは、
極端に言えばそこを否定する事になりかねないわけで、
自分のような小難しく考えるタイプの人間にとっては、
「タブー」は言い過ぎにしても
より繊細な問題なのは確かだと思います。

そういう点では「執念」の話にも繋がりますけど、
ペンタPのような方に書いていただけるのが、
一番いいのかなぁと思います。
少なくともペンタPなら
「夢子を悪いように書いている」とか「DS愛がないとか」
なんて言われる心配はないわけですから。
ペンタPなりの解決策、期待してます。

涼ALIVEですが、お渡しするのは全然おっけーですが、
たぶん音質的に使い物にならないと思いますよw

なかな(Koshishin) 2012/02/06 03:43:22

コメントを書く