近況的に

近況など。

ここ半年くらい、おそろしい程にリアル本業が楽だったのですが、今月から通常+αに戻りました。 社会復帰が大変で(苦笑

動画はウソm@sでひとつ出す予定。でもこれ書いている時点で進捗は80%くらい。うまく行けば日曜にいけるけど少し遅れるかも。 ウソm@sって事で、軽い実験要素詰め込んだ動画です。

その次もキャラだけ決まってますが、構成やらその他がさっぱりなのでまだ「やりたいなぁ」の域は超えていない感じ。 ただ、もし作るとしてもじっくり作りたい感じなので、間に別の動画挟んだりするかもしれません。 絵も描きたいしねー。

そういえばアイマスのPS3版。 もともと収集癖というか全ての要素を拾うつもりはない人なのでスルーでもよかったんですが、 G4Uだけはちょっと外せなくてそれならという事で買いました。もっとも肝心のPS3ないんですが(汗)。
PS3はGT5やるために前から欲しかったので早いうちに買いたいとは思います。

もっとも、動画素材としてのPS3版の利用はまだしばらく先かなぁと。 というのも ビビッドミズギは神 というくらいビビッドミズギに依存していて、 上記の次の次の動画もビビッドミズギが必須なので、 PS3にもビビッドミズギかそれに匹敵する衣装のDLCが来ないことには、 箱○版で頑張るしかないという。あとレザードクイーン。
しかし、水着DLC多すぎという声も聞こえてきますが、 個人的にはビビッドに限らず、ビューティー、天使とほんと水着にはお世話になってます。

あとは、そうそう前回書いたエースコンバット・アサルト・ホライズン買いました。 後視点スクロールシューティングやら、ガンシューティングの要素まで入れつつ、 システム・ストーリーとしてまとまってるのはおもしろい。 反面、自分が好きな自由に空を駆け巡る感覚が若干スポイルされちゃってるので、 自分が時々エスコン6を遊ぶ事はなくならないとは思うのですが、 それと引き換えにゲームとしてのテンポはすごくいいと思います。

アイマス2、ACAHとなんとなく「変化を伴ってでもゲーム性への回帰する方向性」を感じるのは気のせいなのか、 そして2つのゲームがどちらもガミP配下なのは偶然なのか。
まあ個人的にはゲームを名乗る以上その主役はストーリーでもビジュアルでもなく 「ゲーム」であるという考え方は正当性はあると思うので、 もし上で書いた感じた方向性は、あくまで想像ですが、 それが本当なのならそれはそれで支持したいなとは思います (まあどっちのタイトルもそこらへんまだ模索中って雰囲気が抜けてないのだけども)。

春香 - コンパニオンコスチューム

春香 - コンパニオンコスチューム

先月行ったCP+2011。 こういった展示会では所謂コンパニオンの女の子というのもひとつの見所であるらしく、 CP+でも各社ブースにそれぞれのコスチュームに身を包んだ女の子がいるわけですが、 今回一番目をひいたのがPanasoicブース。

ボンテージっぽさも含んだタイトな上半身の服に、かわいいチェックのスカート。そしてオーバーニーorニーハイ。 かっこよさとかわいさを上手く両立させた衣装だけでもいいのですが、 その上着ている女の子の細い子の多い事。まあそこで うおおお、リアルアイマス体型やん! とか思ってしまったのはさすがにアイマス漬かり過ぎだろうと自分で思いましたが(苦笑)。

さてということは逆に言うと「アイマスの子に着せると絶対似合うはず!」というわけでこの絵です。 体型やら髪型的に雪歩や千早とも迷いましたけど、スカートが赤って事もあって春香に。 改めて春香・雪歩あたりのスタイルのバランスの良さを再確認。

しかし、シンプルなようでいて結構描くの面倒な衣装で、 ポーズも背景もシンプルな絵なのに当社比でえらく手間がかかりました。
ただ、得意なメカ物を塗るメソッドで塗れる衣装なので大変だけどすごく楽しかった。

別バージョン

春香 - 競泳水着

春香 - 競泳水着

競泳水着の春香。
実は去年の絵ですが、こっちに上げるのすっかり忘れてました(汗

私としてはスク水よりこういう昔ながら(?)の競泳水着派だったりします。
何がいいかって話はまあ置いておきますが、機能性がもたらす美しさの1つの例と言えましょうw。

別バージョン

青春m@ster

日頃懇意にしていただいている小六先生が、 「青春m@ster」なる企画を開催していたので、 参加してみました。 なぜかSS(しかも2本)でアイドルと青春(pixiv)
ファインダースクリーン (ウソ第一話)(pixiv)
pixiv入ってない方はテキスト用blogでどうぞ。

参加を思いついたのが締切り24時間前って事もあって、 とりあえず書いた後のブラッシュアップも出来なかったってのはありますが、 なんとも読みにくい文章で、俺が物書きじゃないのを証明できたんでは、 ないかと思うのですが、いかがなもんでしょう。(苦笑

物書きにしても絵描きにしても、 本気でプロを目指している人あるいは実際にプロの人と会ったり話したりすると、 やっぱり積み重ねてきたものが段違いに違う。 当然、上手さで敵う訳もない。

じゃあ、素人の稚拙な作品にまったく意味はないのか?と言ったら、 ぜんぜんそんな事はないと思うわけです。 技術とか時間とか年齢とかおかまいなく、魂の叫びをぶつけるのが同人ってもんだろう。 そして、青春m@sterって企画はまさにそれを純粋につきつめた企画だと思うのです。 だからこそこんなど素人だけど参加しなくちゃなんて思えてしまった。 素晴らしいよ。小六先生。

けーすくSS分室

なんとなく思いつきでSS用のblogを作ってみたり。 SS用と言っても、ほとんど今までのニコマス動画のテキスト部分を抜き出しただけですけど。

「strings of brassica - けーすく」

動画用と文章というのは間を時間で制御する事等、 動画ならではのテクニックを前提に書いている所もあるので、 それをblogで見せても劣化するだけ……なのは承知なんですが、 まあ失うもののない底辺P、とりあえず思いついたので試してみるかと。

いや、本当の事を言うといわゆる普通のblogシステムを触ってみたかっただけなんです(苦笑)。 管理画面等いったいどのように構築されているのか見てみたくて。 もちろん、触るだけなら形にしなくてもいいのですが、 ある程度目的持って触らないと覚えなかったり気づかなかったりする性質なもので、 せっかくだから思いつきでいいから形にするかと。

多少なりとも需要なり要望なりがあるようなら、 こっちのblogへの統合も検討しますが、どうなることやら。

何はともあれよろしくお願い致します。

菜緒アイマス2Vo衣装

菜緒アイマス2Vo衣装

絵の説明すっ飛ばして、いきなりですが、 なかなPといえば菜緒お姉ちゃん というのは、これはまあ否定出来ない事実でしょう。

実際、単純な好みの問題として、菜緒はなかなPの「長女スキー」の属性にぴたりとハマる。 家族構成・年齢ともに知的なお姉さんキャラで、さらにスーツが似合う美脚美人で大きすぎず小さすぎない胸。 この辺の「属性」的な点において、菜緒はなかなPにとってアイマス最強なわけです(笑)。 おまけに描かれてない部分は自分で勝手に好き放題補完できるという余地もある。

ただし、結果として菜緒はなかなPにとって俺の嫁かもしれないけど、 あくまでアイドルマスターのキャラの中で、なかなPにとって 一番は春香であって菜緒ではない。 春香がアイドルの世界を描いた「アイドルマスター」という世界を体現するキャラだと思える反面、 「芸能界の人間ではない」菜緒ではそれが不可能だから。 この間も書きましたが、菜緒は自分のアイマス観の原点から一番離れたキャラ。 それ故に菜緒をアイマスのキャラとしてプッシュしていく事には今でも迷いがあったりします。

じゃあ、それならなかなPは迷いつつも何故アイマスの世界を体現できない菜緒を推すのか。 今日は描いた絵にかこつけてそんな長話をしていこうかと。

別バージョン

はるなお

はるなお

タイトル通り?の春香と菜緒。
ここ数カ月、動画にかかりっきりで絵を描けてなかったのでリハビリ的な意味と ここのタイトル絵やらTwitterのアイコン用の絵の変更も兼ねて。

そんな用途の予定だったので春香と菜緒という組み合わせに。 春香が一番だけど、ニコマス的にはおそらく「菜緒お姉ちゃんを踊らせた人です。」って、 自己紹介した方が早いとおもうんだよね(汗

アイマス2仕様の春香を初めてきちんと描いてみたわけですが、 服めんどくせぇ。 2は春香に限らず服のディティールとか模様やらパワーアップしているので、 真面目に描くのは以前より大変です。

菜緒に関しては、やっぱり春香と比べるとまだまだ描き慣れてないね。 まあ、描き慣れてないと描けないあたりは単純に技術不足ですが。

別バージョン

春香in WonderLand

春香in WonderLand

IRCで「機械」をお題に描こうぜ!というので、 落書きのつもりで描き始めたのに気がついたらこの程度に力入ってしまっていた件。

そんなわけで、パンゴシとVi服合わせたような服のデザインとか適当ですよ。

別バージョン

休日の午後

休日の午後

まったりとした午後。昼寝と読書。

今月こっそり銘打っていた菜緒強化期間、 結果当初自分でも想像すらしていなかった動画うpという事態にまで至ったわけですが、 一応この絵が今回の目標地点であり総仕上げです。

しかし、菜緒あってこその美希。美希あってこその菜緒。 菜緒のマイナーっさぷりに菜緒強化期間とは書きましたが、 だからこそ目標地点は美希と菜緒2人いなければいけなかったのです。

春香とはまた違った意味で描いてて楽しかったです。
菜緒といえばなかなP・・・というのは無理にしてもこれからも描いていければなぁと。 (公式ビジュアルないキャラだけに描きすぎても うっとうしがられそうなのでほどほどになるとはおもいますが)

別バージョン

支度

支度

常にリボンをつけている彼女にとって、おそらくそれは「儀式」のようなものなのではないでしょうか。

別バージョン