つけペン

つけペンなるものをちょほいと借りてはじめて使ってみた。うおお、この細い線ってばやっぱすげ~~と感動したのもつかのま、試しにぃ~と1枚描いてみて結局意味ないかもって結論に逆戻り(爆)。やっぱ元が下手なんは道具変えただけでどうなるってもんじゃないですわ。つけペンならではの味をだして描くよーな人ってのはそれだけで私とはレベルが違うんだな~って事を痛感。でも欲しいのは欲しいかも。使わなきゃ使い方うまくなるわけないしね。

のりもの学会せっかくだからなんか描こうかなーと思って2枚くらい描いてみた。が、なんか違う。つーか私が10分くらいでちょちょちょいと描いて思った通りのものができるわけないんやけどね。なんか出してみよーかなーとは言っちゃったものの今の仕事の忙しさとネタの欠乏も考慮するとなんか出せる確率は10%くらいしかないような気がしている今日この頃。

んで今日思うに人のかわいさといふものは顔とかスタイルとかお肌とかいうのもあるにせよ、仕草とか話し方とか考え方とかつー要素もあって、さらにそれにお互いのかんけーとかシチュエーションとか事の流れ的なものも加わってはじめて深いところから「かわいい」って言えるようになり、またそれにはいろいろ個人差つーものがあるわけで・・・ ・・・って眠くなってきたので続きはまた今度(ぉぃ

きょうのひとこと:「近づく2つの心の相対速度とお互いの絶対速度」

コメント

コメントを書く