カラーマネージメントの備忘録

最近の環境でディスプレイの色合わせに試行錯誤が必要だったのでその備忘録です。 真面目に書くのが面倒なので、ほんとに備忘録。

わがメインPCのディスプレイは現在3台あります。

EIZO FlexScan SX2262W
EIZO FlexScan L567
WACOM Cintiq pro 13

これらをColorMunki Photoでキャリブレーションして使っています。

・Windows10標準の「フォト」は画像ファイル内のプロファイルには対応しているがモニタプロファイルに対応しておらず、 sRGBモニタとして出力されるため、広帯域モニタでは色がおかしなことになる。edgeも同じ挙動っぽい。

・「Windowsフォトビュアー」なら大丈夫。ただしv4プロファイルには対応しておらずv2でしかまともに動かない。 クリーンインストールしたWindows10では入ってないのでレジストリをいじって復活させる必要がある。 (Windowsストアとかみるとカラーマネージメント対応画像ビュアーらしきものはあるけどまだ試してない)

以下はv2プロファイルで試した結果

firefox 76は完全に動かすにはabout:configでの設定が必要だが動作。 ただし、モニタプロファイルはメインディスプレイのプロファイルを参照する(直接ファイル指定も可能だが1つのみ)ので、 マルチディスプレイ環境ではメインディスプレイのみしか色が正しくならない。

CLIP STUDIO PAINT 1.19.1もメインディスプレイのプロファイルを参照する(こちらはファイル指定等は不可)ので、 Cintiq使う時に困ったことになる。ちなみに環境設定内のRGBプロファイル指定は作成ファイルのデフォルトプロファイル指定で表示上のモニタプロファイルではない。
対処としては、Cintiqをメインディスプレイにする……は弊害が大きいのでCintiqをsRGB設定にして作成ファイルもsRGBにしてカラープロファイルプレビューをOFFで使う。 幸いCintiqのsRGBモードはまだ本体の劣化が少ないこともあってそこそこまともにsRGB。(ちなみにFlexScanはどちらの個体も青が若干出てない)

SIGMA Photo Pro 6.7.3もモニタプロファイルはメインディスプレイのプロファイルを参照。 ただしサムネイル一覧画面はファイルのプロファイルのみの対応でモニタはsRGB出しっぽい

DPPことDigital Photo Professional 4.12.20.3やPainter 2020は問題なさそう。 マルチディスプレイも問題なく切り替わる。

椅子を買った話

PC作業用の椅子は長らく、ロアスのRZS-102BK(メーカーのページ)を使用していました。

というか買ったの2004年のはずなんですが、まだ現役の製品なんですね。 現在の実勢価格で見てもこの手のネットハイバックとしては、少しお高めのようですが、 10年以上問題なく使用できたのですから、それだけのものはあったという事でしょう。 ところが最近背面接続部に金属疲労の曲がりが出てきて、これはもう緊急に買い替えないと……となったわけです。

しかし、いざ買い換えるとなり、どんなのがあるかと家電量販店にいくと見事までに ゲーミングチェアしかない 思えば昔は売っていたPCデスク的な物も見かけません。 ノートPCが主流になり、デスクトップにしてもディスプレイが液晶になった今、 PC専用に椅子を用意する層などゲーマーくらいという事なんでしょう。 展示も場所取りますし。

ではゲーミングチェアはどうかというと、まあ部屋になじまないよね……と。
それに流行りのゲーミングチェアは車の(セミ)バケットシートのデザインを元ネタとしていると思うのですが、 元ネタ知っているとどうしても比べてしまってしょぼく見えるという。特に安いやつのただの袋みたいなランバーサポートとか。 そりゃ値段考えればそうなるよというか、値段の割には良いのはわかるんですけどね。

で、家電量販店があてにならないとなった時に出てくるのはニトリ。
比較的近くにあって行きやすく、
お金持ち以外お断りオーラがなく、
行っても店員が寄ってこなくて、
そこそこの種類がある中、試座し放題。
陰キャも安心ニトリですよ。

というわけでニトリへ。
嫁様がウェイビー2を使っているのですがこれは無い様子。で、実際色々座ってみて気になったのが、 フォリストフレア

ニトリのラインアップの中ではお高めですが、 安いのには書いてある「※こちらは一般家庭向けの商品です。」の注釈がないのと、 フレアが企業向け製品になっている事からもわかるように安いのに比べて作りが良い。 座った感じも好みでフットレストまでついている。個人的にはより高いジオーネより好みでした。 また、地味に良いのがレバー類が座ったまま手の届く場所についていること。

悪い点は座面が前後方向に湾曲しており座面スライドもないので、座る位置にやや気を使うこと。 ただ逆手にとって前傾姿勢っぽく使うこともできるかもしれませんが。 あとは座面のメッシュの糸が固く、半ズボンとかで座るとふともも痛くならない?って所でしょうか。

そんなわけで、ほぼこれに決めたのですが、 在庫がなかった。 通販でみても当時の納期は1ヶ月先以降。 昨今の状況ではいつになるやらわかりません。 仕方ないので別の選択肢を検討することに。

まずは同じロアス RZS-102BKをまた買うこと。

ただこの椅子、比較的ゆったりとしたサイズでくつろぐにはいいのだけど、前傾気味の作業だと背面が遠いので離れ気味で意義が薄くなるのが難点。 6畳一間暮らしの時は寝る以外は椅子の上だったので、くつろげるのがよかったのですが、 こたつ+座椅子というくつろぎ空間ができた現在は液タブ投入もあってもう少し作業重視に振りたい。

なにより面白みがないよな……。

次にオカムラ ヴィスコンテ

以前の仕事場にグラータがあったのですが、 硬い樹脂の背面なのに座り心地が良いというのに感動したので、同様の樹脂バックのヴィスコンテは良さそうだなと。 ヘッドレストがないのが残念ではありますが、オカムラのオフィス用なので耐久性はもちろん問題ないでしょう。

ただオフィス用だけあって新品で買うにはお値段がお高いので中古で……となったのですが、 近所の中古オフィス家具屋は土日が休みだったという。まあオフィス用品だからね仕方ないね……とは思いつつ、 ヴィスコンテは割と古い製品な事もあり中古の通販はなあという事で選択肢から脱落。

で、オカムラでもう少し安いの……となると、 SOHO・家庭向けのラインアップに ヴィラージュVCM2 がありますが、背面ホワイトしかないのと、これもヘッドレストとかつけていくとそれなりにいいお値段になるなあ……

で、結局、同様のオフィス家具メーカーのSOHO向けという事でたどり着いたのが イトーキ サリダ YL8

座面スライドまで入って上述のフレアと同じくらいの価格。 試座はできないけど、ネットの評判も悪くはないし、 クセのないデザインで調整機構もそろっていてイトーキなので大外しはなかろう……ということでこれに決まったのでした。

で、使用開始して1ヶ月ほど立つわけですが、なんというか座って感動する所はあまりないのですが、なんか上手く出来ているという感じ。

まず、作りは説明書に「オフィス向けの基準を満たしたものではありません」的な記載がある通りで、 オフィス向けほどのがたつきのなさやしっかりさはない……ような気はしますが、 ちゃちさはなくしっかりさは安い椅子とはやはり一線を画しています。

座面は平面的で固めですが、その分長時間向きでかつ、座り方の自由度が高いです。 ただし、売りの座面スライドは一長一短で、 座座面自体の奥行きが短めで、身長179cmの私が座面を一番前に出した状態で深く座るとお尻の位置が座面の端になります。
ただし前述の通り座面が平面的で固めなのでそこまで気にならないのですが。 その分、座面を一番後ろにした状態の座面の短さは座面固定の椅子ではなかなかないであろうレベルの短さで 小柄な人には貴重な選択肢になるのではと思います。

背面に関しては、ロッキングがこれまた結構固い。なので固定しなくても体重をかなり支えてくれます。 なので普段は固定せずに使い、倒したままにしてくつろぎたい時に固定する使い方になると思います。 あとロッキングのロック機構、ロック解除時にレバーを解除位置にした後にさらに一度倒すとロックが解除される作りでこの値段にしてはちょっと凝った機構になっているようで、ちょっと安心感があります。

ランバーサポートはついてはいますが、弱く心持ち程度。 ただし構造的に上にタオル等を挟んで調整することが可能なのでカスタマイズしていくといい感じになりそうな気もします。 ランバーサポートとヘッドレストの高さ調整は個人的にはもう1~2段高い所が欲しかったかな。

肘掛けはやや左右方向のガタツキが気になりますが、ロック機構が使いやすい。 これまた上面は平面的でポリウレタン張りは固いのですが、横の広さもあって肘立て気味にするといい感じにクッションが効いているのがわかります。

全体的に自分の身長だともう少し大きくてもよかった感じもありますが、 派手さはないが日本人の体型に合わせた飽きない道具感のある椅子でした。 前の椅子同様、長い付き合いになりそうです。

冴えない感想の綴り方

たまにはここも更新しないとなというわけで今更ですが 冴えない彼女の育て方 の話でも。

もともとTVシリーズは未視聴で各コミカライズを1年前くらいに読んでいた程度で、 しかも本編ではなく「恋するメトロノーム」の方が好きだったというくらいで、 そこまでの思い入れもなかったわけですが、 劇場版はいわゆる完結編らしいという事らしく、 とりあえず結末は気になるよねという感じで映画館に足を運んでみたわけです。 が、これがすごく良かった。

んでその時ついてきた特典小説がまた良かったので、「これは原作が気になる」……と原作本編とGirls SideとFDとMemorial全巻を1ヶ月もせぬ間に読み切ってしまいました。

まず、前提として自分がギャルゲー全盛期を多少知っていて、クリエイターではないにせよ絵を描いたりしている自分にとって、 メインストーリーのひとつである「同人ギャルゲー制作コメディ」という部分がしっくりくる。 そして、数多く散りばめられたメタネタ・業界ネタも不快でないどころかキャラ達のオタクという部分をむしろ深めていく。 そして純粋な青春の恋物語なんて恥ずかしすぎて直視できないオタクに救いをくれる。

恋物語としてもキャラ達のリアルとゲームの中をシンクロさせつつ、さらにヒロイン間の感情をつなぎつつ、も含めて立体的に構築されている。 それは本編から見れば裏の部分の「Girls Side」にとどまらず、本編の構造を活かした"別の世界線"の「恋するメトロノーム」にまで及び、 それらがギャルゲーの都合の良いハーレム妄想を物語に昇華する。

それでいて強いお涙頂戴すぎる波乱もなく、観ている側のストレスにならない程度におそらくは意図的に制御されており、 そして細部の描写で観ている側を悶えさせる。

またね、倫也が恵を選ぶ理由もまたオタクの等身大で好きなんですよ。

まあ一言で言えば、すべてがオタクに心地よい。これに尽きる気がします。

感想としては微妙ですが、とにかく良いものを読ませていただきました。
もっともリアタイなら7年楽しめたものを1ヶ月で消化してしまったのにはもったいなさというか、 リアタイでならもっと深く影響を受けてたのではないかという思いもないでもないですが、 逆に私の読解力では原作1巻2巻の段階ではこのおもしろさには気づけなかったのではないかという気もします。

EOS 90D

以前書いた通り問題の出たEOS 7Dを(使っている本人を)だましだまし使っていたわけですが、 ようやく出ました新型のEOS APS-C中級機。

連写コマ数が10コマ/秒になったのもさることながら、 7D同様のスティック型マルチコントローラーが搭載された事で、 EOS 7DmarkIIからならともかくEOS 7Dからの乗り換えなら、 クラスダウンでもまあ困る事は少ないだろうという。

というわけでさっそくEF-S18-135mmとのレンズキットを購入しました。 やはり発売直後に買った7Dの時の値下がりっぷりを覚えてないわけではないのですが、 これ以上ひっぱるには7Dの状態が。

まだ撮影はほとんど出来ていないので、これ以上大した事は書けないのですが、 やはり7Dと比べると小さく軽くなっている事とそれにも関わらずホールディングも良いことはいいですね。 これでも撮影を目的としない移動の場合は大きいと言えばそうなのだけど。
ただ、低速3コマ/秒、高速10コマ/秒と開きがありすぎるので、 7D markⅡ同様のコマ速の設定機能か中速設定が欲しかったところ。

しかしEOS 7D、デジカメでまさか10年も使うとは思わなかったよ。 間違いなく名機だったなあと。

次のカメラはどうしよう

メインの一眼レフとしてEOS 7Dを使っているわけなんですが、 こともあろうかファインダーにカビが。

一昨年に引っ越して初めて夏越しだったのですが、 どうもこの場所湿気が溜まりやすいのか、 カメラだけではなく、普段遣いのかばんやらクリーニング後のスーツまでカビがついて軽い惨事でした。

まあ9年も使っているのでもう買い替え時だろうと思うのですが、また選択肢が難しいのですよ。

素直に後継機を買うとEOS 7DmarkIIになるわけですが、 すでに登場後4年が経過し、部分的には下位のEOS 80Dに劣る部分もあったりと微妙。 また7D使ってきててとりあえずカメラ持っていく時の一台としてはちと大きいなという気もしていますし。

そうなると本命はEOS 80D。 1つ下位機種ですが7DmarkIIならともかく7Dと比べたら、 連写が8コマ/秒から7コマ/秒に落ちるのとシャッター音がやかましいのと、 ファインダー倍率がちょい落ちるくらいでAFなどはむしろ新しい分良い。 ただしこれも登場後3年が経過済。

じゃあタイムリーな所でEOS RPはどうかとなると、 惹かれるのは惹かれるのですが、動き物撮るにはまだちょっと……という印象。
4~5コマ/秒でレックビューはパラパラすぎるといいますか。 以前のCP+で撮り比べた時もサーボAFで7コマ/秒のEOS Mより6コマ/秒のEOS 9000Dの方が撮りやすいと感じましたもん。

いっそそれならAPS-Cミラーレスの富士フイルムに行くか……としても、 ただでさえマウント完全乗り換えになるのでお高くなるのに、 ボディーも比較的新しい事もあってEOS 80Dや7DmarkIIと比べるとお高い感が。

さてどうなることやら。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE 埼玉メットライフドーム

というわけで1日目、2日目両日現地で観れました。

ミリオンは5thにて初の周年ライブ現地だったわけですが、シンデレラは6thにして初の単独ライブ現地の「チケットがご用意されました」ですよ。 ドームのキャパ様様というところでしょうか。

さて最初にネガっぽい事言っちゃいますが、 シンデレラはもはや人数が多すぎて、今回のように27人もいるとソロは全員出来るわけではなく(そもそもソロ曲持ってないメンバもいる)、 かといってユニット曲のオリジナルメンバーもなかなか揃うわけではなく、 さらには音響的には最初から期待できないメットライフドームと、 最初から「行儀の良い完成度の高さ」ってのは個人的には正直期待してなかったのです。

でも代わりにその人数を活かしたパワーと意外性で殴ってくるんだろうな……という所なわけでまずは1日目。

なるほど。この1年で出した四季シリーズCDを踏まえてそのテーマに合わせた曲を持ってきつつ、 アゲたい所では定番ソロ曲を脇をソロ曲なし勢で固めたりしつつで入れて、 メンバ的にここで歌っておいてほしいソロや最近の人気高そうなデレステ曲も抑えると。
殴るというより上手くバランスを取ってきたセトリという印象。

とは言え、ちゃんと演者さんのパワーで殴られるわけですよw

全員すごかったのと私の語彙力の問題であんまり細かく書くのは控えますが、個人的に一曲上げるなら、東山さんの「Dreaming of you」。
ええ、響く声量でCD以上を聴かせてくれる系のソロに弱いのです。私。

あとは「ニャンと☆スペクタクル」、「桜の頃」、「アンデッド・ダンスロック」という振れ幅がすごかった桜咲さん。

そして好きな曲だったので聴けて嬉しかった千菅さんの「One Life」。 1日目はぶっちゃけこれが聴けただけでも満足じゃ……という部分は無きにしもあらず。

・ ・ ・ そして、2日目。

え、何。このセトリの強さ。

やっぱりライブ的に言えば春より夏の方が曲強いよねというのと、 バラード勢の層の厚さもあって1日目よりメリハリの効いた流れに感じました。
(心なしかMCの小芝居も2日目のほうが面白かったような……)

メリハリという点では「決めに来たな!」と思わせておいての2段3段ロケット的な畳み掛けが多かったのも強かった。
「メルヘンデビュー!」出しておいて「凸凹スピードスター」も来るとか(ウサミン凄かった)、
オリジナルメンバー「Memories」からの「Tulip」とか、
「Absolute NIne」からの「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」とか

なにより、圧巻の「in fact」からさらに「Voyage」、「わたぐも」と殴られた流れ。

ちなみに2日目の1曲は洲崎さんのVoyage。理由は1日目の「Dreaming of you」と同じw

そしてね。MVP的な意味では髙野さんことあっさむがすごくかわいかったです。 フレデリカ、猫やめるよからフレデリカ、猫やめてないの流れの表情のかわいさにやられたと思えば その後でクレイジークレイジーやTulipがくるという。
というかショートの髪型が普通に好みだし、笑顔似合うし。

あとは聴きたかったのが聴けたという点ではラブライカのMemories。
ソロがなかったふーりんのパワーボイスもAbsolute NIneで聴けましたしね。

そんなわけで、初のシンデレラ単独ライブ現地でしたが、参加メンバー的に聴きたいものはちゃんと聴けたし、 +αもちゃんともらえた。そんなライブでした。

PC更新

久しぶりにPCを組み換え。

・M/B : B450M MORTAR TITANIUM(microATX)
・CPU : AMD Ryzen 7 2700
・Memory : DDR4-3200 8GBx2
・Strage : Western Digital WD Black NVMe WDS500G2X0C(500GB) + Seagate BarraCuda ST8000DM004(8TB)
・GPU : DUAL-GTX1060-O3G(Geforce 1060 3GB) ・Case : Flactal Design Define mini C
・Keyborad : REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3-BK

最近あまり重い作業あまりしてないのでここまでのスペックがいるかというと微妙なところですが、 元がPhenom X6 1055T(125W版)からの8年ぶりの更新という事で GPUもGeforce 750Tiから1060(3GB)になっており思った以上にちゃんと体感出来ています。 ただキャプボが認識しなくなってしまったのが予定外。最近はなにがいいんですかねぇ……。

しかし、最近色々なものが古くなっていて更新に頭を悩ませる今日このごろ。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!

だいぶ時間が立ってしまいしたが、6/2のミリオン5thに行ってまいりました。

5thにして初めてミリオンの周年ライブの現地チケットがご用意されましたよ。 765・シンデレラを含めても765の10th以来。というかシンデレラはまだご用意されたことがない。

そんな念願のライブだったのですが、 今回席が最後方だったのでモニタですら遠い……というのは仕方がないにしても、 非常に音響が悪くて高音が耳に刺さる。

平山さんのソロとか凄く楽しみにしていたのにいざ始まると高音が耳が痛い。 南さん香里さんのソロラストもその点では最高!とはいえない点がありました。
逆に声質的にこの音響でも安心して聴けたのが末柄さん戸田さん。 特に末柄さんの風花さんヘアがすごく似合っててですね。いろいろとすごかったです。

あとはミリシタのゲーム中ステージを意識しているせいか、 (あとソロ曲率が高いのも一因かな)ステージの使い方がコンパクトだったのと、 歌の完成度が高すぎたせいか、 いい意味でのライブ感という意味ではちょっと物足りなさもあり。 その中でAIKANE?は「これをライブでここまでやるか?」的な楽しさがありましたね。

全体的にはミリオンらしく非常にそつがない完成度の高いライブでした。 セトリもM@STER SPARKLE曲を外すわけにもいかないだろうという想像から外れるものでもなく、 音響はともかく演者の方々のパフォーマンスに関しては期待通りのものを見せていただいたという印象です。

あとはまあ、ハミングバードを生で聴けた。これに尽きます。

THE IDOLM@STER MR ST@GE

MR ST@GEに行ってきました。

今回GW前後の予定が定まらず、というか春香の主演回はどれも仕事確定という事で事前申込はスルーしたので諦めていたのですが、 一般販売で余裕があるという事で5/12の千早主演回を見に行きました。

なるほど如月千早のライブでした。

ただし、ディスプレイそのものは平面である上に、席が最後部に近い席だったのであまり千早をリアルに感じられる距離ではありませんでした。 最前に近い席だとまた違ったのでしょうが、 これに関してはシンデレラのビューイングレボリューションの方がアイドルの華奢さをリアルで感じられるように思えます。

とはいえ「リアルにいるアイドル感」ではビューイングレボリューションの方が上ですが、 「リアルに生きているアイドル感」ではMR ST@GEはすごかった。 以前のプロミの春香と比べても、シアターの設備的な面だけではなくモーション的な面においても違和感が少なくなっていました。 その点においてこれは確かに「VR」ではなく「MR」だなーと。

あとはPS4でゲームやってるとロングカメラ真正面というのはまじまじと見る機会がないものですから、 「貴音さんの脚むっちゃエロい」 ってなりました。

あとMR直接関係ない所では箱が小さく最後部でもはっきり見える近さながら、ライブハウスと違って(スタンディングするにしても)比較的ゆったり見る事が出来るのは良かった。
価格に関しては設備面を考慮に入れなければやっぱりちょっと高いという感覚はありますが(設備面、人員面考えるとまあ仕方ない)、 千早主演回に限って言えば 千早ソロが3曲も聴ける ライブって地味に貴重なので、そこを考えると割高感はかなり薄れると思います。

なんにせよもっとブラッシュアップした形でまた見てみたい……と感じられるものでした。 そしてなにより、アイドルマスターが、765が、今でも挑戦的である事が嬉しいのです。

プラチナスターズは再定義

さて久しぶりのblogはアイドルマスタープラチナスターズのプレイ雑感。

一応予約購入したわけですが、ようやく13人全員Sランクからのトロフィーコンプまで完了しました。 まあ嫁様と二人がかりでプレイしたとはいえ、全員Sランクまでプレイしたのは初めてです。

ひとりひとりで見るとコミュのボリュームの物足りなさがないとはいいませんが、 全員Sランクを前提としたボリュームと考えると割と悪くないボリュームとプレイ時間だと思います。 音ゲーアレルギー持ちの自分だとこれでも一人だと若干きついw

あとはやはりPS4のパワーで出せるステージの絵はいい。 最近のミリシタやデレステもかなりのもので、 正直13人ステージやリフトアップ等プラチナスターズ超えている部分もあるわけですが、 ソロ~クインテットが選べる編成の自由度や当然の歌い分け、ポジションごとのダンス、 そして衣装の動きといった所で見ていて飽きないのはプラスタだなあと。

ただやっぱり個別衣装がないのが寂しいのと、 顔に関しては目の大きさのバランスというか絵柄というかは ミリシタの方が好きですね。

で、ストーリー面。赤ペン先生あたりはここまでやって次どうするの?的な事を言っていた気がしますが、 個人的には「次のためへのキャラクター再定義」を行ったのがプラチナスターズだと感じました。

今までパラレルの世界線で765プロの物語をいろいろやってきたわけですが、 それでも(響・貴音を別とすれば)無印の彼女達がキャラクターを語る上では 大きなウエイトを占めている……という方は古くからのプロデューサーには 少なからずいると思うのです。

数多くの765のストーリはパラレルなので決して無印を前提としたストーリーではないはずなのだけども、 そういう人にとっては、キャラクターを語る上でそれは増築にしかならず無印という大前提は崩れなかった。
とはいえ新しいプロデューサーにとって無印はもはや10年以上前で普通の人にはプレイ困難な古典なわけですし、 そもそも無印のストーリーはここまでシリーズが続くことを前提としてない。 そこで再定義をしたのがプラチナスターズ……という印象を私としては持ちました。

無印の問題を解決させた上でアイドルたちの次の「理由」を提示する。 確かにそれは無印というキャラクター感の終点ではあるのかもしれないけど、 同時に次の終わらないプロデュースのための始まりなんですよね。 (それがコンシューマー機で出るのかは別として)

しかしその中で春香だけがあれであった事は無印春香の特異性を示しているんだろうなあと思うと同時に、 バンナムがあういう形にした事に最大の敬意を払いたいと思うのです。