THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND!!! 感想

配信アーカイブ終了まで見返した上で書こうと思っていたら、 菜緒お姉ちゃん実装というお祭りが入ってきて書くのが遅くなりましたが、 4/2・4/3に行われたシンデレラガールズの10thライブfinalを見てきました。 2日で全100曲ということですべて書いているとキリがないのでごくごく一部だけとなりますが簡単に感想など。

------

出演者オールシークレットというライブ。 時節柄というのもあったのかなと思いましたが、 なるほどこれだけの出演者を集めて(おそらくぎりぎりの調整もあったかと思います)、 このテーマでやるのはオールシークレットならではだと思いました。

まずは1日目。

  • 「Trancing Pulse」と「Trinity Field」とTriad Primusの2曲が両方聴けた
  • 渕上さんの生歌声よい。東山さんの歌声も6thぶりに聴いたけどやっぱりよい。そして安心の藍原さん
  • 飯田友子さん・鈴木みのりさんと千菅春香さんの「Secret Daybreak」、これはこれでフルで聴きたいレベルだった
  • ブルナポの演出良かった
  • 「生で聴いたら絶対もっといいはず」と思っていた「あらかねの器」。やっぱり良かった
  • 席が3塁側スタンドのステージからみて後方だったのですが、ドームなのに低音の音響よくてベースの音がすごく気持ちよかった

そして2日目。

  • 凛と福原さんは、やっぱり自分にとってはデレにおいてセンターを超えた存在
  • 「レッド・ソール」強い。河瀬茉希の強さはデレの武器になるし、松田颯水さんも安定の強さだし、原田彩楓さんの歌声の色気良い
  • 2日目も渕上さん強かった
  • 「きらりんロボのテーマ」の寸劇の「ほーらーがーいー」はウケた。
  • 高野麻美さん、山下七海さんかわいい
  • 「always」は楓さん1位の時の総選挙曲なのに全体曲になっちゃったなという思いと、楓さん1位の時の曲だったからこそこういう曲になり、ここまでの曲になったんだなという思いと

でもやっぱり一番は こいかぜ でしょうね。
まず、こいかぜを生で聴ける日が来るとは思わなかったし(1stや4thSSAはチケットがご用意されませんでした……)。
そしてあの広いドームを1色に染めた制圧力。
でも765の10thの「細氷」ともあるいは1日目の「あらかねの器」とも 力の質がまた違う感じがするのがおもしろい。

そして、ココカラミライヘ!
(こいかぜやるかわからなかったし)ある意味これを聴きにこのライブのチケット取ったようなものです。
シンデレラの総選挙という制度自体については色々思うところはありますが、 この曲は彼女たちが歴代シンデレラガールズという肩書を超えた伝説になった瞬間だと思いますし、 そして、この場にこの人数が集ってくれた事に感謝したい。

あとね。曲前の本来「見せない」ものであるはずの各々が配置のために歩いている足元を映したカメラ。
めっちゃカッコよかったし、その時点で察したし、そしてすでに泣きそうになってた。
このシーンのためにBD買ってしまうかもしれない。

なにはともあれ2日間、非常に満足度の高いライブでした。
正直両日の各テーマの消化の仕方については雑だなーと思わないでもなかったですが、 その雑多になっちゃう所がまたシンデレラらしい物量とも言えるでしょう。

あらためて、この物量を実現していただけた演者はじめとする関係者の皆様に感謝を。

しかし、「こいかぜ」聴けてデレにおけるやり残しを1つ、 聴けなければやり残しになったであろう「ココカラミライヘ!」を消化できた事は大きかったです。
次は 「こいかぜ -花葉-」を生で聴きたい になるでしょうかw

コメント

コメントを書く