後継車

で、後継車なのですが、先代のデミオに。 他の候補車が現行車で高いか古くて10年超える中、年式と価格のバランスが丁度よかったのと、 なによりスタイルがかっこいい。

グレードはスポルトのCVT。4ATの13C/13Sと迷ったんですが装備的な所と出物の関係でスポルトになりました。

で、まだ一般道のみを100km程度乗っただけですが、ファーストインプレッションを。
ちなみにデミオについてたタイヤはNEXEN N'FERA SU1。ググった感じではコンフォート寄りの味付けみたいなのでそこらへんも色々影響してるかと。 ピアッツァで最後に履いてたタイヤはMARANGONI ZETA LINEAだったりするので余計に。

まず、今時の車なんで当たり前ながら、静かで楽!
低回転をキープするCVTのおかげで街中巡航ではエンジン音を意識する事はあまりないですし、乗り心地も予想よりいい。 前にレンタカーで乗った後期型13Cはリアの突き上げの安っぽさが気になりましたが、スポルトは45扁平ながらそれほどでもない。 それでいて収束しない嫌なふわふわ感もなく(同じくレンタカーで乗ったフィットはこれがひどかった)、これといった不満はなし。

ハンドルは電動パワステゆえなのかセルフセンタリングが弱すぎてステアリングインフォメーションと言う点ではイマイチ。
ピアッツァはこれが強めで「速度を出している・曲がっている」をハンドルが教えてくれる感じが街乗りレベルでの運転の楽しさに繋がっていたと思います。 もっともこれは轍などに影響されやすかったり、ちょっと速度上げた時の過度の緊張感(=疲れる)に繋がる部分もあって一長一短ではあるのですが。
このへんもうちょいショルダー立ったタイヤに変えればまた違うのかどうなのか。
それをのぞけばハンドル切ればマスを感じさせずに軽快に曲がってくれる感じはします。
ちなみにこの辺は同クラスだと現行スイフトがかなり良いらしく、実際最後まで選択肢のひとつだったのですが現行で年式が新し目になるので価格的にちょっとつらかった。

ブレーキは結構フィーリングが違うのでまだ慣れません。
ピアッツァはABSが標準装備になる以前の思いっきり踏まないと効かないブレーキだったので、今時の軽く踏んで効くブレーキとの違いが大きすぎるw。
ちょっぴり踏んだ領域はいいのですが、ピアッツァの感覚で踏むと途中から急激にブレーキ強くなる感じがするので思った以上のカックンブレーキに……。

アクセルもCVTとの組み合わせで似たところがあって慣れるまではちょっと気を使う部分。
あとなんかアクセルOFF時の速度の下がり方が一定しないのかなんなのか違和感。 心配はしていたのだけどもやっぱりCVTのスポルトより4ATの13Cにするべきだったか?と一瞬思う所だったり。 ただ、CVTは手軽に加速力が得られるので街中ではパワーの勝るピアッツァよりむしろキビキビと走れるので、ここもやっぱり一長一短ではありますね。
前述の通り巡航では低回転キープでおもしろみはないですが、CVTをSSモードにするとそこそこ回してくれるようになるので楽しめそうです。

内装はやや安っぽいというかシンプルというか。ただ、黒内装なんでシックとも言えるし、ゴテゴテと変な加飾されているのよりかはいい。
シートはホールド性は悪くないけどちょっと柔らかく、もうちょっと腰のあたりを……という感じがします。ただ、ピアッツァは純正レカロLXだったので、比べるのはやや可哀想ではあります。逆に後席はピアッツァと比べればたいていの車は天国ですw。ただし、後席倒した時にラゲッジがフラットにならないのはマイナス。 (もっともピアッツァがフラットになっていたのは4WD用フロア使ってたがゆえのたまたまなのですがw)

また、座った時のポジションはデミオのいい点というかデミオにした理由の一つ。 今まで乗ったコンパクトカーの中で助手席座った時の低さ感が一番しっくりきたんですよ。
特に運転席に関しては実はピアッツァが自分の体型に合わない部分があってボススペーサー使ったり、 ペダルがやや高い感じがあったりといまいちな部分があったのですが、デミオはそういうのはないです。 現行デミオはペダルの位置関係はさらによくなっているらしいですが。

デザインはやっぱりかっこいいですね。スイフトスポーツとかはちょっとやんちゃな感じがあるんだけど、デミオスポルトはそうでないさりげなさがいい。

あと運転してて感動したのはスポルトはロービームがプロジェクタータイプのHIDで明るい。まあピアッツァはレンズカットありですからね……。
オーディオもツィーターのついた6スピーカーで純正にしては悪くない(というかスポルトにした理由のひとつでもある)。 ただ、純正ナビがタッチパネルの感度が悪い上に、メニューの操作性がちょっといまいち。でもSDカードやBluetoothにも対応しているのは便利。
逆にサイドミラーのヒーターがないとか外気温計がないとか、時計はナビ見ないといけないとか細かい所で不便な所はあり。

総じてピアッツァはやっぱりスポーティーカーであったと思う反面、今時の普通の車は素で楽で良く出来ていると思った次第。 後悔はしない買い物になりそうです。

最後に自分用備忘録としてピアッツァ 181XE/S(JT221F)とデミオ スポルト(DE5FS)のスペック比較。

ピアッツァ 181XE/Sデミオ スポルト
全長×全幅×全高 4225×1695×1315mm 3895×1695×1475mm
ホイールベース 2450mm 2490mm
トレッド(前/後) 1430/1405mm 1465/1455mm
室内長×幅×高 1805×1365×1085mm 1815×1425×1220mm
車両重量 1160kg 1020kg
定員 4 5
総排気量 1809cc 1498cc
内径×行程 80.0mm×90.0mm 78.0mm×78.4mm
圧縮比 10.3 10.0
最高出力 150ps(110kW)/6400rpm 113ps(83kW)/6000rpm
最大トルク 17.5kg・m(171.6N・m)/5000rpm 14.2kg・m(139N・m)/4000rpm
燃料タンク容量 47L 41L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 無鉛レギュラーガソリン
燃費 9.7km/L 19.2km/リットル
トランスミッション 4AT CVT
サスペンション形式(前) マクファーソンストラット マクファーソンストラット
サスペンション形式(後) マクファーソンストラット トーションビーム
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ 205/50R15 195/45R16
最小回転半径 5.3m 4.9m

とりあえず、30cm以上短く、15cm以上背が高く、でもホイールベースは4cm長いし、トレッドも広いがタイヤは細く外径も小さい。
重量は1割以上軽いがパワーは2割減。

車乗り換え

まあ放置っぷりの激しいこのblogでありますが、久々にネタというかなんというか。

15年少し乗っていたJTピアッツァですが、ついに買い換えることになりました。

珍しい車でいい車だったので迷ったのですが、25年落ち10万kmを超えて必要な修理や消耗品交換費用とそれをした上で これから何年安全に乗れるかってって所を考え合わせれると自分の経済力では厳しいなぁ……と。 年末ジャンボでも当たってれば良かったんですが。

色々思い出もありますが、今はとりあえずこれだけ
本当に走るのが楽しいいい車でした。ありがとう。

一枚の写真~はるかなそら~

さてアイドルマスターの10thライブ、両日とも行ってきました。
いろいろ言いたいことはありますが、とりあえず良かった!席も良かった!とだけ。

で、少し前になりますが、久々の動画アップです。

というわけで以下、ネタバレ含めてつらつらと。

黄金週間

EF60
浅草橋
曖昧☆美少女アート展
EF55

大藤

うづりん

TLで「うづりん」、所謂シンデレラガールズにおける島村卯月と渋谷凛に関する話題が持ち上がっていたので、ちらっとつぶやいたらひゃくまる先生に「続けて」と言われたので少し考えてみる。

もっともTLで持ち上がるまで自分の中では「うづりん」という概念は存在しなかった。 そりゃそうで、特にアニメにおいては卯月、凛、未央の3人ユニット、ニュージェネレーションズ(以下NG)として描かれている。 さらにその中からうづりんを抜き出すだけの要素っていうのは、はるちはや赤加賀といった「赤青」の系譜を引用するにしても現状正直弱いと思うし、 そもそも卯月というのがどうも自分にはよく見えていない。 律子春菜みたいにあまりに弱い中に1つ接点がっていうとむしろ自分的にはやりやすいのだけど、そうでもなく。

でもまあ、そこで「ねーよ」って言うのは簡単であるが、 同意を求められた時に否定から入るのは野暮ってもんであり、モテないわけである。 それにCP妄想なんていうのは、極端に言えば「無人島に二人きりしたらどうなるだろう」という想像だけで成り立つのであって、 そこに「そもそも無人島に二人きりとかありえね」とか「3人ユニットなのに2人にするとかストーリーとして下策」 とか言ってもそれは正解であると同時に全てではないのである。

でもまあ同時にメタ的事情も気になるし、分析したくなるのも事実ではあり……というわけで、 せっかくだから可能性について、ちと考えてみようではないかと。



……すいません。考える事が膨大すぎてすぐにはまとまりませんというか自分の能力ではたぶんまとまりません。 というわけで、忘備録的に脳内議論のキーポイントを書き出しておく。

  • 1番最初の選択肢としての春香、初期キャラとしてのNG3人(でもNGの初期Nは初期戦力かというと?)
  • 展開が先行した凛。NGは最初から3人ユニットだったのか。(別名:NGとトライアドプリズム問題)
  • はるちはゆき、はるちはみきという3人ユニット
  • 3人ユニットで発生・共存しうる3つのCP
  • 異属性ユニット、NGと*
  • Vo・Da・ViとCu・Co・Paは同じ3属性でも全然違う
  • 春香の多様性、NGの可能性

まあぱっと考えただけでこんだけ出てくるのだから、本気で考えればもっと出てくるであろう。

まあ、これらに結論を出してスタートラインというよりかは、これらを考え咀嚼する過程を楽しむのが二次創作なんじゃないですかね。

メカフェチ雑記~Luvbook X~

先日、ちょっとした事情でMicrosoftのSurfaceがうちにやってきたのです。proとか2とかつかないやつでオプションのキーカバー付き。
使ってみると確かによく出来ている……んだけどやっぱりWindows10がでないらしいWindows RT、ストアアプリの貧弱さはどうにかならんもんかという。IEとOfficeしか使わないという人ならあまり不満は出なさそうですが。
最終的な評価はもう少し使ってみてからではありますが、まだしばらくはうちのモバイルPCの座はLuvbookが保持しそうです。

さてそのうちのLuvbook X、初代のLB-X200SのCore i5モデル。
残念ながらLuvboox Xシリーズは現在はなくなってしまっていますが、これはいいものだと思うんですよ。
基本はUltrabookでバッテリーも交換できなかったりするわけですが、フットプリント小さめかつキーボードがあまり犠牲にならない11.6型。で、当時の一般的なUltrabookより軽い1kg切りのボディーを実現しているという。もちろんLaVie ZとかVAIO pro 11とか極限まで軽量化を追求した機種に比べると重いわけですがそれらのお値段と比べるとかなり控え目、それでいてカーボンファイバーのボディーは安っぽくないどころか、!VAIO 505EXTREME買ったときに5万円の差額に泣く泣くカーボン積層モデルを諦めた身としては感動ものだし、剛性感も損なっていない。

ただ、ひとつだけどうしてもこれはってのがタッチパッド。この機種も当時流行りのタッチパッドの大型化&ボタン一体化に乗っ取っているのですが、これが使いづらい。 特にキーボード打つときに反応してしまってカーソル飛ぶのがとんでもなく使いづらい。一応キー打つときにタッチパッドを無効にするオプションはあるのですが、手を浮かさずにタイピングする私の場合、打鍵よりタッチパッドに掌が触れるほうが早いわけです。結果としてマウスが必須となってしまうと。これは本当に惜しい。

でもまあ頻繁にモバイルPCを買い換える程のお金も使用頻度もない現在、しばらくはがんばってもらわないといけない機材のひとつです。

10選として振り返るLTP

アイドルマスターミリオンライブの最初のCDシリーズとして登場した「LA001.THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE」シリーズ(以下LTP)。 最後に発売されたLTP13も聞き慣れてきた所で10選というカタチで個人的にLTPを振り返って見たいなーという唐突なお話。

今年も半分終わったし

さすがにちょっと更新しておこうかということで。

近況はというとリアルお仕事が沸騰中。
それでもシンデレラガールズやミリオンライブのライブビューイングはそれぞれ1日だけは観ましたし、 先月あたりは少し落ち着いたのでアイドルマスターONE FOR ALLはちまちまと進めております。

ただ、絵にしろ動画にしろ文章にしろ、創作系の作業がまったく手がついておりません。 隙間を見てせめて落書きくらいはと思いつつもなかなか。

銀座線はなんとなく好き

THE IDOLM@STER M@STERS of IDOL WORLD!! 2014 感想

一応鉄道写真であると言い切る
一応鉄道写真である。

アイマスライブ、1日目だけですが参加しました。 で、まあこれを書いてる今、Twitterのタイムラインには2日目の話で盛り上がっています。
そんなタイミングですがちょっと思ったことを書いていこうかと。

私の悪い癖で、純粋なヒャッハーなライブ感想ではなく、 めんどくさい話から入るのでそれでもよければ続きを。

LTPのイベント感想

昨日行く予定だったCP+が雪による各所への影響で中止になって意気消沈していたわけですが、 こちらの方は予定通り開催されたTHE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE(以下LTP)10の発売記念ミニライブ。 実は今回の10の他にも05と06の時も当選して行ってまして、改めてこの機会にミニライブを中心にしたLTPの話でも。